<   2017年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

キャンドルレッスンのお知らせ





c0152002_18452072.jpg


シャンテ・ロゼのHPです



素材重視のキャンドルレッスン 初披露 「櫨蝋のキャンドル」が登場します

今、しばらくお待ちください

「養蜂場のミツロウで作るキャンドル」も同時募集予定







[PR]
by chant-rose | 2017-02-28 18:49 | シャンテ・ロゼ便り | Comments(0)

「ビワ」と「スズラン」のWレッスン

c0152002_08574365.jpg



Wレッスン 「ビワえを植える」「スズランを植える」







c0152002_08584168.jpg





葉の下処理をして


エキス仕込みです



葉のお茶を使うこと   きっと自分、家族のことを頭の中で描いているのでしょう


誰かが困った症状が出たとき

出ないように  普段の生活に取り入れたい、、と



お若いママさん


楽しみながら 経験、学びを積みあげていきます


きっといつか役にたつ時が来る








c0152002_09005746.jpg




「私、若い時から スズランが好きだったんです」と




今回は、ドイツスズランと  土の中に 日本スズランを仕込んで

春を待つ、、







c0152002_09015613.jpg




自分の庭を多かれ少なかれ


面積に関係せず 持てたなら   色んな植物を育ててほしい




虫が来るから嫌とか  蚊が来るから 嫌なんて言わず

我が町、我が国、我が地球を守ろうではありませんか^^





緑を増やせば 温暖化 改善すると思うけどね(微力だけど)






c0152002_09030066.jpg


カンタン ランチ





今回ご紹介した「ビワを植える会」は2月末で終了です




[PR]
by chant-rose | 2017-02-28 09:12 | 花*プチサロン | Comments(0)

ディプロマコース 「ツルバラを植える」No2


c0152002_19053615.jpg



ディプロマコース 2期生  



木立性のバラを植えて 育てて 管理して

1年間のルーティン作業に慣れてきたら、、


今度は、「ツルバラ」に挑戦です








c0152002_19013972.jpg





まずは、前回のレポートを提出してもらい  軽くチェック


同じことを受講していても  心にとまるキーワードは人それぞれ








c0152002_19001302.jpg





「エンジェルハート」








c0152002_19005844.jpg





「シンデレラ」








どちらも 可愛い名前だし、  可愛い咲き方をしてくれる



ジャイケン ポン  と決める








c0152002_19022651.jpg






ディプロマなので  ざっくりと 土をブレンドしてもらう


各々の好みの配分で作業



肥料も 数種類出しておいて  自分のお好みで ブレンドしてもらう




バラは肥料が大好きで


バラは、フカフカの土が大好きで




そう何度も 言ってたことを ちゃんと覚えてくれているかな?









c0152002_19031180.jpg






表土が固くなるのを防ぐためにも

こうして 1年草の花を植えるポイントも伝授








c0152002_19035474.jpg





花が咲き終われば  抜いて  土を足す





それだけで 固くなるのを和らげてくれる技



特に花のない間は、こんな風に花があるだけで 可愛い




ツルバラは、どんな風に誘引するかで 印象が変わるのです






c0152002_19125763.jpg



素敵なシーンをイメージしてね 



春が来るのが楽しみです



今日ご紹介した 教室は、「ディプロマコース」です



[PR]
by chant-rose | 2017-02-27 19:19 | 花*プチサロン | Comments(0)

お家が好きでないと*自宅サロンの継続は無理かも、、


昨日は、iroちゃんの幼稚園で「お雛祭り会」があり 劇を披露してくれました

写真は禁止でしたので お披露目できませんが


iroちゃんは、大抜擢 「因幡の白兎」のお話しに出てくる「八上姫」でした。

ジャイケンで射止めた お姫様の役でした^^


ママにお姫様を再現したかのような髪型にしてもらい 役になりきってました。



その後、主人と久しぶりにカフェへ

なんと、そこは 主人が若き時代 ゴルフの前によく行っていたという老店

サイフォンで美味しく 無駄なく 敏速に 珈琲を淹れています

ミックスサンドと産地の苺のロールケーキも、、


またまたその後、お味噌用にいれものを探しに 西へと、、






ワイヤーの先生に許可得て 写真を撮り、ご紹介させて頂きます





c0152002_09520666.jpg




始めて ワイヤーの先生のお宅に行ったとき、

劇的に興奮したのを 覚えています




先生のご自宅は 公団の一室

昔からインテリア雑誌に何度も何度も掲載されるほどの 素敵空間

でも、

現実 見たら、、  興奮収まらない







c0152002_09523381.jpg




私も主婦なので

主婦根性とやらが芽生え、、 「洗濯機はどこ?」「炊飯器はどこ?」「洗濯物干せるの?」

なんて 頭の中の半分は  興奮   後の半分は 現実的な質問がフツフツ、、と







レッスンに通うことで  先生の日常生活が垣間見え

お人柄、カリスマ性、ライフスタイル すべてに刺激を受けたものです






c0152002_09525985.jpg




この通り、インテリアは、白に統一されています




でも、もともとは、こうではなく  進化しているのは

昔の雑誌を見れば すぐにわかります




もう何十年  30年以上?  40年以上になるのかな?




自分らしい ライフスタイルを求め ずっと進化していること


素晴らしい~






c0152002_09531199.jpg





一番は、、

この場所で  子供二人を育て 独立させていたこと





小さなベランダには 季節の花やハーブが咲き

溢れんばかりの 生命を感じます




でも、  洗濯物やお布団もほしていたいたとは 想像できない



なんせ、洗濯物のポールまで 白に塗ってあることに気が付いたのは

随分と年数が経ってからです







c0152002_09532738.jpg




ご自分の作品も たくさんディスプレイされているとともに

細々な雑貨類が たくさん飾られています



お高い食器さえ、、そこにあって  日常使いなんです







c0152002_09534209.jpg





掃除です


家は築何十年と経っていますが  どこを見ても  


お掃除が行き届いています



ベランダさえも  キレイ



もちろん、先生は言います「教室の時は、見せたくないものは隠すよ、、」と






c0152002_09535868.jpg



コツコツと集めたビンテージものや

近くのHCで手にいれたものも


先生の手にかかれば 素敵なものは更にランクアップして

生徒たちは、誰しも  真似したくなります




そして 先生の家に対しての愛情が感じられます





家族のための家を ご自分のアトリエとして 兼用して使い

素敵に維持されていることは  とても感化されます




「ワイヤー教室」も今は 色んなところで あると思います



素敵な家のインテリア空間をサロンにしていることも多いと思いますが、

意外に、、

掃除に手を抜かれる人も少ないのです




何もしなければ どんどん築年数が増えて 劣化していく家ですが

そこを工夫したり

アトリエ風にアレンジしたり



ご自分の手を加え 愛情を加えた 空間は  必然的に 人が集まるような

気がします








c0152002_09541255.jpg




私も、教室準備で  毎回 掃除から始まります (だから夏は汗だくだく)


リビングの窓、カガミ、WCのカガミも毎日のように磨きます



毎日 磨いていても 家族がいると、 またすぐに汚れたりします



庭も、、

見せるスポットを作る前に  掃除からスタートします

なんせ、犬がいます(2匹もね)



だから、庭を掃き、水で流す ところから 始まります


決められた時間内でのルーティン作業。。






c0152002_09544413.jpg



でも、そのお蔭で  キレイが保てているように思い

家に対する愛情も 増してきます




お金があったら、、こんな風にリフォームしたいな、、なんて妄想も膨らんだり





c0152002_09550518.jpg




普段できない掃除は、 年に2回は「大掃除」と名付けてします


キレイな空間で お招きすることが 一番のおもてなし  だと思っています




私は、月に1度 ワイヤー教室へ通い  刺激とやる気  を充電します



歳だから、、の言い訳しません

忙しいし、、の言い訳はキライだし





その繰り返しで  一日、1か月、1年、10年と

自宅サロン(教室)を継続させ 進化させてきました




これから 自宅サロン(教室)を始める人も  焦らず 

でも、好奇心と刺激  それを自分なりにアレンジして  謙虚に素敵を認め

自分のカラーを見つけ ワクワクしなから 試行錯誤繰り返し

作っていきましょう~ね




大切な自分空間に 愛情をかけましょう







[PR]
by chant-rose | 2017-02-26 10:34 | 自宅サロンの作り方 | Comments(0)

ハーブティー教室 と 嬉しいこと


c0152002_18164983.jpg


今日のレッスンで、去年 仕込んだ「ローズ酒」と「ベリー酒」のお褒めのお言葉を

頂戴しました




ご主人様は若き頃、バーで アルバイトをしていた経験があるらしく




仕込んだ「バラ酒」と「ベリー酒」で 素敵なカクテルを作ってくれるそう、、

「先生、またバラの時期に バラ酒 作りたいです」と^^


こんな感想は 嬉しい~し「教室 やってて嬉しい」と思う瞬間






ブレンド ハーブティー レッスン  table herb


素敵に紹介してくれています




カンタンでお気軽に ハーブティーを飲んでほしくて 名付けた教室名

そして、重要なのは 美味しいということ



今回のメインハーブは、「ラベンダー」

効能がたくさんあるのは 誰しもが知っているし

癒されるハーブだということも知名度が高い



でも、需要は?


癖のある味や強気香が邪魔して 美味しく 感じないのが現実





c0152002_18111977.jpg





色、蒸らし時間を観察して





c0152002_18115961.jpg



ティステイングですから 香を確かめて 


飲んだ後に 鼻から抜ける味を香を確かめる




シングルを五感で感じ、 インプットする






c0152002_18124392.jpg




飲みやすく、 相乗効果を狙い

ブレンドする




今回のテーマは そのままズバリ「リラックス」






c0152002_18132421.jpg





「先生の淹れたハーブティー 美味しい~」とよくお褒めの言葉を頂きます





実は、ハーブの量、蒸らし時間、

そして、ブレンドの相性にも ポイントがあるのです



そこを伝授





その日の体調に合わせて、 自分や家族たちに ブレンドハーブティーを作る




ちょっとした お料理感覚、理科の実験感覚

そして、魔女気分になるから 面白い♪





心もカラダも癒してあげたい、、のです



本日、ご紹介したレッスン名は、「ブレンド ハーブティーレッスン」 table herb





[PR]
by chant-rose | 2017-02-24 18:36 | ハーブティー | Comments(0)

ハーブコレクション特別編「オレガノ&トマトケチャップ」


c0152002_18310035.jpg




大好きな木蓮を花屋さんで見つけた♪





何故だか理由はわからないけど「いつか家を持ち 庭ができたら 白い木蓮を植えたい」と

若き時代にそう思ってた




でも、実物の木蓮は、大きくなるし

花が落ちると あの華麗な姿から想像できない姿になる


よって、木蓮を植えるという夢は 消えた







歳がいくと、「やっぱり植えとけばよかった」と後悔







c0152002_18314159.jpg





でも、こんな風に木蓮を見ることができる


開きすぎないように 温度が低い玄関に飾ることに









c0152002_18323072.jpg





リビングのお決まりの窓辺には、

庭に咲く アネモネの赤を、、、    「バカラのグラス」に挿してみた




頂きものの バカラのグラス   シンプルだけど 大好き 








c0152002_18330855.jpg





ストーブをつけると  開いてしまい



温度が下がると 閉じて   その繰り返しが また可愛い






「ハーブコレクション」 特別編


「オレガノを植えて」&「オレガノ 入り トマトケチャップ作り」





特別編は、

ハーブコレクションの卒業生、現在ハーブコレクション受講されている方のみ対象とさせて頂いています








c0152002_18340287.jpg




赤いトマトの成分で リコピンはあまりにも有名


リコピンって 健康や美容にとても良い成分です






c0152002_18343902.jpg




カンタンに皮をむくコツや


トマトのうま味成分をアップする方法を伝授



そして、アレコレと工程をクリアして 完成~です







c0152002_18353126.jpg




トマトケチャップを作る時、タマネギやセロリ、ニンニクなどをいれる場合が多いですが


今回は、トマトの味のみで^^




作ってみて 初めてわかること







c0152002_18361584.jpg




オレガノのスケッチも可愛い~です








c0152002_18374803.jpg





tea timeは、 和風にしてみました



ご紹介させて頂いたレッスンは、  「ハーブコレクション」です



[PR]
by chant-rose | 2017-02-23 18:59 | アロマ&ハーブ教室 | Comments(0)

昔から大切にされたビワの葉 民間療法


「植物を植えて、育てる会」


*3月3日(金)pm2:00~ 「檸檬を植える」にご予約が入りました

*3月27日(月) pm2:00~ 「アロエを植える」にご予約が入りました

興味のある方、ご一緒されませんか?


尚、レッスン日は、他の曜日でも 要相談





「ビワを植える会」  第2弾



たくさん撮った写真は、 何処へ、、








c0152002_17473286.jpg




昔から伝授されていた「民間療法」のひとつ

ビワ葉を使うということ



だから 昔の庭には、 必ずといっていいほど ビワの木が植えられていたのでろうか




大きく育つだけで

現在の洋の庭とはミスマッチ


邪魔者扱いにされそうな ビワの木








c0152002_17481583.jpg



でも、知ってしまった


すごい成分があって




それを 是非、育ててみたいと思い、収穫してみたいと思い


なんなら 実まで 食べて、 種まで使いたいと思った私。





実がたくさんなんるのだろうか?


それも、鉢で、、


????





でも、ビワって  「バラ科」なんです^^



ちょっと得意かも 






c0152002_17534207.jpg



意外にも 実のなるもの 「バラ科」が多い


いわゆる 肥料好きなんです



レッスンでは、葉の処理、エキス仕込み、煎じ汁の作り方、植え方、管理の仕方などなど


そして、どんな時の予防やケアに役立つのか?も

一緒に学んでいきました。








c0152002_17461706.jpg



小さな苗木ですが、

1年もすれば とても成長していることでしょう



まずは、花が咲くのが待ち遠しい、、







[PR]
by chant-rose | 2017-02-22 18:05 | アロマ&ハーブ教室 | Comments(0)

知ってました? スズランって有毒植物ということ


3月もスケージュルがいっぱいになってきました。   午後は、空きがございます~




2月の「花*プチサロン」


テーマは、「スズランを植える」です





c0152002_18112005.jpg




教室のために 仕入れた ドイツスズラン 新鮮なので まだ花の色もまだ白くなり中、、






知ってました?

スズランって 「ドイツスズラン」と「日本スズラン」があること


市場に出回っているのは、ドイツスズラン






c0152002_18122060.jpg




奥ゆかしい 日本スズランの球根です


小さな小さな白い花芽がついてますよ








c0152002_18130051.jpg


知ってました?


スズランって  有毒植物なんです




部位は、根が一番強く、葉は茎、花にも 有毒があると言われていますから


手袋で 作業をしていきます










c0152002_18134576.jpg





今回は、ドイツスズランと日本スズランの豪華バージョン


意外にお高い小さな球根さん







c0152002_18142525.jpg





まだ、花数は少ないけど







c0152002_18151335.jpg





やっぱり可愛い スズラン 



大好きな乙女ちっくな花







c0152002_18154621.jpg




夢があるお花です  もう少しすると香も豊になってくるはず






c0152002_18163116.jpg




生徒さんにお土産や 「ストーブの鍋掴み お手製」を頂きました^^



いつも有難うございます







スズランと言えば、、 思い出があります


30歳を超えたある歳、「大人もて期」が来ました

ある男性から スズランのみの 超豪華なアレンジメントが北海道から届きました(職場関係です)


でも、その時分は、配送に日にちがかかってしまい

届いた時は、半分 ドライになりかけていたというエピソード。

乾燥に弱いのです



小さな頃から大好きな花だっただけに 思い出がすり替えられたようでした







[PR]
by chant-rose | 2017-02-21 18:34 | 花*プチサロン | Comments(0)

ザクロを植えて、育てて、使うということ


島根県の生徒さんが「お届けレッスン」の様子を紹介してくれています




「ザクロを育てて、収穫して、使う」


こちらのレッスンは、3月末まで ご参加頂けます






c0152002_18275709.jpg





仕込んだ ザクロアイテムアレコレを紹介して







c0152002_18355488.jpg




実が手に入ったら こんな風に解体するところから始まりますと伝えます









c0152002_18364974.jpg





どんな風に 使うのか、、


頭の中で イメージしていきまうす









c0152002_18373154.jpg






丁寧に自然乾燥


ポイントさえつかめば ちゃんとドライになります










c0152002_18394623.jpg






ザクロは、なんと言っても 種が 成分 大


種はカタイから  どう調理するか??









c0152002_18403184.jpg



細かくして

ミキサーはあまり使いたくないとは 思ったものの

現実は時間が勝負なので  使いました^^









c0152002_18404370.jpg





種、果汁、果実、皮 の成分を頂くつもりで作りました


大さじ1に対して お湯をいれ   


毎朝 一杯 飲んで  あっという間に完食です(だってキレイになりたいもの)









さて、ここからが、レッスンで作るということ






c0152002_18285572.jpg



レッスンでは、仕込んだものを軟膏(クリーム)にしたり



ローションを作ります





c0152002_18293390.jpg


シンプルだけど


女性に嬉しい成分を学びます







c0152002_18301438.jpg



ほんのりピンク色



ローションは、摩擦をさけるために スプレーボトルにしました


想像以上の 保湿を感じます


今の時期、乾燥してるからね







c0152002_18305851.jpg





無農薬で 育てて、収穫して使いたいね、、と思う仲間が集い

レッスンは始まります



運気もアップするという縁起のよい木


土、肥料、1年の管理を学び

是非、収穫できるようになればいいね、、と。




ザクロ=エストロゲン  では ないこともお伝えしました


でも、エストロゲンは期待できないのに 何故? 女性にほしいアイテムなのか?も

学び、

女性だけではなく 男性も愛用できるアイテムだと気づきます



やはり、願うは、「健康」です












[PR]
by chant-rose | 2017-02-20 19:08 | 寄せ植え教室 | Comments(0)

土鍋生活 始めます♪


c0152002_18524732.jpg



ついに、 「土鍋でご飯を炊く」生活 始めます




矛盾することが多いけど  なるべく電化製品を使わないようにしよう、、と決め始め

レンジもさほど使用せずにいます


使いたくないと思う気持ちが大きくなって、

でも、オーブン機能は たまに使うから 矛盾してるんです私^^



テレビや乾燥機、ライトも使います



一番の理由は、「お鍋で炊いたゴハンがとても美味しくて」







c0152002_18535122.jpg



今日、買い物時に 引き寄せられた 赤いお皿


そこにあるだけ可愛い




[PR]
by chant-rose | 2017-02-19 19:09 | 日々のこと | Comments(0)

神戸市垂水区 アロマ&ハーブガーデン自宅教室~chant rose~


by chant-rose
プロフィールを見る
画像一覧