おばあちゃんの定義 LaLaくん 1歳になりました


私の人生の中で ここ5,6年の間が激動に動いています



それは、妻でも 母でも 一人の女性でもなく

おばあちゃん、、になったこと。  それも 6人の孫たちのおばあちゃんです^^




私の中のおばあちゃん定義

1)「おばあちゃま」と呼んでもらう
2)現在 6人の孫を平等に愛すると心に誓う
3)おばあちゃまは、魔女でなければならない
4)会うたびに「会いたかった」「愛してる」といい 必ずハグをする
5)いくつになっても 元気でキレイな存在でありつ続ける
6)いつでも どんな時でも「まかしとき」と言える心構え
7)1歳のお誕生日には、私目線で撮った写真のアルバムを贈る
8)約束ごとは必ず守る




6人目の孫である LaLaくんも 1歳になりました


恒例のお誕生日会 








c0152002_08312912.jpg




なんせ、大勢分のお料理ですから 作る側のママも大変


大変だけど


この積み重ねが 子供を愛しているという認識を高め

子供も愛されているという記憶を定着させていく行事で必要なことだと思っています










c0152002_08195118.jpg





毎日の暮らしの中で「子育て」は、そんなに甘く夢見るものばかりでなく

少し大きくなった子供に聞けば

「ママはいっぱいおこる」なんて 言います^^





しつけようとすると

せかしてしまったり 強い口調で話す時も出てきますし 必要です



遠い記憶の中で 楽しかった、嬉しかった誕生日会は、

一生涯の思い出の宝物になるように思います










c0152002_08225552.jpg





「今、旬に子供は何に興味があるのか?」


ママもパパも知っていますし、 知らないといけないとも思います




この日は、アンパンの顔をデコしたケーキが登場です(ママがデコりました)


忙しい中、やり遂げる娘たち、、私の誇りでもありますね










c0152002_08232141.jpg




初節句も兼ねてのお祝いでしたから  


鯛も焼いてくれました。 塩加減がとてもgoodで 中身ふあふあ 美味しく頂きました









c0152002_08240727.jpg





恒例の儀式


リュックに1升分のお餅(お米にしました)を背負い 歩けるでしょうか?

この行事の後、子供たちは バンバン 歩くようになるから不思議です(6人のデーター)





3人目として生まれたLaLaくん




生まれた時から おもちゃも揃っています


が、お誕生日会には、「LaLaくんにと」 皆、考えてのプレゼン大集合~

「自分のもの」というのも大切です






どんな個性を持って大きくなるか とても楽しみです^^

何よりも健康でたくましく大きくなってほしい、、と願ったお誕生日でもあります












最後まで読んで頂いた方へ




c0152002_08222531.jpg

LaLaくんの初顔 お披露目です


1歳のお誕生日おめでとう  おばあちゃまより(まだ、アルバム完成していないので急ぎます)





[PR]
# by chant-rose | 2017-05-29 08:53 | 日々のこと | Comments(0)

庭の師匠と言っても過言でないFさんの庭へ


少し、コツがわかってきた ベリーダンス♪

翌日の筋肉痛もなくなってきた


今日は、更に筋肉を勉強しに行ってきます~(私にとって重要な筋肉の場所)







お庭訪問 NO3






c0152002_07201939.jpg



私が バラの魅力にはまり

今の庭を作りだす ヒントをくれた方と言っても過言ではないのです




そんな素敵なお姉さん的存在のお庭へ








c0152002_07194927.jpg



初めて お家に行って、


庭と家を見た時、   ?????


ぴ~んときました。   「同じメーカーさんでしょね」と




だから敷地の大きさは違えど  何かしら共通点があったのです








c0152002_07205069.jpg




でも、我が家の庭とは くらべものにならないぐらいの バラと緑




太陽を浴びて 植物たちが嬉しそうにしているのがわかります






c0152002_07212258.jpg





なんて、葉がキレイなんだろうか?と


疑問を持ったところから 私のローズへのコレクションが始まりました






好みのバラは 似ているようで 違うし


誘引の仕方で 別ものに見えるバラ




そして、当時、体力的に弱っていた私は、このFさんに出会い、植物の素敵さを感じ


年をとることに恐怖だったあの時を

見事にクリアしたのです








c0152002_07220446.jpg





今は、1年に1度のペースでしかお会いできないけど



もっとずっと年をとっても

見ていたい女性であり、ご夫婦です



いつも仲良くて     

私も仲のいい夫婦でいたいと思っていますから これも参考になります^^








c0152002_07192449.jpg



アンジェラのアーチ  くぐり抜けると そこは、別世界で

ひんやりとした日陰が待っている




大好きなコーナーです







c0152002_07225237.jpg




ゆっくり デッキの上で お茶をしながら

短い時間だったけど  近況報告を聞き、  


「また、来年も来たいな」と  




庭を持つとわかる


昨日今日では、作れないこと



バラたちの晴れ舞台に合わせて 調整して 今がある

普段の手入れのお披露目会でもあるのです




元気をもらい また 日々の庭仕事に精を出します^^


Fさん、ありがとうございました





[PR]
# by chant-rose | 2017-05-28 07:40 | 日々のこと | Comments(0)

同業者の方 大歓迎「教室、サロンを閉めてしまう前に」




「ワーク活動」  名前はそのままですが

このレッスンは、将来、ハーブやアロマを仕事としていきたい人への メッセージレツンでもあります





今は、ハーブやアロマの資格を持っている人、習得しようとしている人は多いです



私が、アロマの資格をとった時、「数年後には、準国家試験に値するぐらいになる」

関係者の方は言っておりました




しかし、あれから随分と年月は経ちますが

今だに そのようなカタチにはなっていないのが正直なところです






多分、資格保持者は増えても

日常生活の需要が少ない、続かない、特別思考、、だからかもしれません



せっかく、この道を仕事として 成り立たせていこう~と思っても  難しいのです




私は、自分自身 日常生活において アロマやハーブを使っています

使うとわかる 使い続けるとわかる


継続はチカラなり





そのアロマやハーブの良さを  「楽しみながら 使う」を実践しています


し、これからも もっと浸透していくと思います





私の生活みたいに 「使いたい」「そして仕事としてやっていきたい」という方々の声から

生まれたレッスンなのです(恐縮してしまいますが)









c0152002_18280566.jpg






手作りというものは、「鮮度が命」です




でも、ついつい便利でお洒落なものを買い求めてしまいます




なんともない人は、それでいいと思いますが、





私のように 健康肌で 何のアレルギーもなく どちらかというと肌もキレイと言われていたのに、ある日、

肌の乾燥、敏感症状に悩み

「何を使っていいの?」とわからなくなっている人は、意外にも多いです









c0152002_18285836.jpg





食べ物と一緒、 食料品と同じ


今一度、材料を見直してみることも大切です








c0152002_18294456.jpg





そして、自分で作ることによって

食育のように  肌育なんです



肌を育てる、健康な肌、 できれば美肌







c0152002_09011210.jpg





人間は動物なんで

できれば、ケンカしないように植物性の有効性分で 肌をキレイにしたいです









c0152002_08505517.jpg





「アロマやハーブの資格 持っている 同業者の方」


「これから勉強して 自分で使い それを伝えたい人」

「仕事として 楽しみたい人」に






私が持っている知識と実体験、そして生徒さんの反応データーを活かして頂くのです








c0152002_08513506.jpg





いざ、教室、サロンを開こうとしても


メニューやレシピに困り、生徒さんを飽きさせてしまいことも あるある、、です








c0152002_08522946.jpg




最初に書いたように


普及しないのは、伝えたい側が しっかりと実経験なしでは 伝わらないし


実体験で 肌がキレイにならないと


生徒様(お客様)は納得されないし継続しないのです






せっかくとった資格です



活かしましょう(これからスタートする方も大歓迎)





自宅教室は開いたけど  クローズしようかと、思っている方、

今一度、楽しんでいませんか?



きっと何かのオチカラになれると信じて 開いているレッスンです






[PR]
# by chant-rose | 2017-05-27 09:22 | アロマ&ハーブ教室 | Comments(0)

お庭を訪ねる NO2


とても気持ちのよい朝を迎え、「マロウ」や「ジャーマンカモミール」を収穫しました

朝摘みしたハーブやバラは、香が一段と濃厚です


いつにもまして マロウが大収穫です(花壇にしたからね)




お庭訪問 NO2


こちらのお庭も 毎年 お伺いしています


バラや植物を育てているものは、やはり1番キレイな時を観てほしいものです









c0152002_07231428.jpg





フロントガーデンのこのしつらい、、


何度見ても バランスがとれて可愛い 162.png



色に組み合わせが上品です










c0152002_07233687.jpg




カーポートの上まで ツルを這わせて、、






c0152002_07240265.jpg




この丸太のウエルカム シリーズは、シャンテ・ロゼで数年前に販売していたもの



私、いい仕事してたんだ^


だって、可愛いもの(私も買えばよかったかな^^)






c0152002_07242244.jpg





宿根草を どう組み合わせるか?


いつも思うところ、、








c0152002_07245616.jpg



毎年観てるコーナーも


誘引が変われば、バラの種類や下草が変われば また違った印象になります




c0152002_07253190.jpg


自分の庭、敷地の有効活用^^


とびぬけて広くなく 狭くなく お日様が当たり 風が抜ける


そんなちょうどいい庭が好き



今年も拝見できたIさんのお庭、、 有難うございました





[PR]
# by chant-rose | 2017-05-26 07:45 | 日々のこと | Comments(2)

花*プチサロン「紫陽花を植える」 & バラの記憶


植物にとって恵みの雨、、

雨が上がったら 庭掃除。


教室が終わって 買い物終わって、 ちょっと庭に出たらそのまま数時間

チョキチョキとハサミをいれる

スカーットした^^







5月の花*プチサロンは 「紫陽花を植える」






c0152002_17291102.jpg




これは、私の紫陽花^^


大好きな花のひとつ







c0152002_17302462.jpg




紫陽花を植えて 育てた経験のある人、ない人も

同じ「手毬」を植える



管理方法を伝授


さて、来年もこの色合が出てくれるかな^^








バラの記憶





c0152002_17313448.jpg



遅い~  遅咲きのフランボワーズバニュー


絞りが可愛い、、ずっと開花するの待ってたのよ








c0152002_17322574.jpg




ニュードンが長く~長く~  伸びてきて いい感じ♪



暴れん坊なので  トンネル作ってたけど

オープンガーデンには間に合わず



でも、可愛い162.png







c0152002_17330242.jpg




パビデルパール


大輪でも可愛い花









c0152002_17334675.jpg




ジャックカルティエ


あなたも遅いわ^^








c0152002_17343611.jpg





カラダが丈夫でないような、、子(ほんまかいな)


でも、いいの こんなにも可愛いから   ギンガムチェック







c0152002_17352710.jpg




あなたは、誰れ?








c0152002_17373830.jpg






アンティークレース  ようやく開花し始めて♪







c0152002_17383394.jpg





アイスバーグもいるけど  やはり日陰になってるからか、、花数が少ないね



でも、白雪姫みたいに可愛いから 許せる








c0152002_17394711.jpg





名前が好きで 育てた子


レイニーブルー  雨が似合うね





そんなに広くない庭でも キレイを保とうとすれば  手入れが必要



太陽に当たれば 焼けるし

虫も半端なくいるし

土を触れば 手や爪は汚れる

これからのシーズンは蚊との闘い




でも、癒される自分がいて  「素敵ね」と声をかけてくれる人もいる







[PR]
# by chant-rose | 2017-05-25 18:03 | 寄せ植え教室 | Comments(0)

神戸市垂水区 アロマ&ハーブガーデン教室~chant rose~


by chant-rose
プロフィールを見る
画像一覧