おばあちゃまという役割


孫は、「目の中にいれても痛くない」とよく言われます
本当にそうなんです^^



ただ、ただ愛おしくて
大きくなってもその気持ちは持続しています



でも、
やはり娘たちは、私にとって大切な存在



その娘の危険信号を ぴ~んと受信したので




急きょ、次女の子供たち3人のお泊り決定です



本当は、映画に行く予定でしたが 主人に「優先してもいい?」と聞き

孫たち3人を迎えにいきました。



小学1年生になったiroちゃん
小さい頃から ママに厳しく躾られています


子供は、ママのいうことは絶対です。


でも、最近、しっかりとママに反論することが多くなりました

つまり、納得がいかないことは、うなずけないのでしょう




娘と子供たちを1日、離すことにしました



子供たちは、嬉しそうに 「おばあちゃまのお家にお泊りできる♪」と
楽しそうに
荷物いっぱいできました^^




カンタンな夕食を食べて
お風呂にそれぞれ持ってきたお人形を入れて シャンプーしてはしゃぐ、、


お話しをしながら 4人で寝る準備



その時、少し iroちゃんが話をしてくれました


大きくなったら 何の仕事がしたい?と聞けば

「お洋服のデザイン」か「車のデザイン」
「でも、お家をデザインする人」と




お姫様やプリンセスは、iroちゃんの口から出ません^^



そして、
「お部屋をキレイにしたいの」と

「どんな感じに?」と聞くと

「壁を白くして、ベットも白くして、一人部屋にしたい、、」と



最近、お友達のお家にお泊りする機会が多く
自分家以外が とても よく見えたのでしょう



結局、ママとのケンカは、お片付けが原因?かなと思いました



私とiroちゃんのソフトな関係でも ペラペラとは話をしません



子供は、カンタンに 自分の心に中に 不安を抱え、やがてその不安は大きくなり
自分の殻に閉じこもる事が多いのです




私は、iroちゃんに「家族」の話をしました




そして、
「もし、おばあちゃまのお家と iroちゃんのお家と交換できたら?」と聞くと
(部屋数が多いから一人部屋もできるよ、、と)


「iroは、自分の家が一番好き」と


そう言わせてやりました^^



自分の口から言葉として発し、耳で聞き、そう確信する作業


とても大切なことです






翌朝は、サンドウィッチを作りました




c0152002_20285187.jpg



そして、お天気良さそうなので
長女たちと合同して 公園にレッツゴー♪






c0152002_20440474.jpg


皆、走りまわって 青空の下 遊びました



夕方、子供たちを家に送り届る頃には、
家や家族がとても恋しい~と思ったように スタスタと家の中へ





子供という僅かな期間




躾も大事ですが
ぎゅ~っと 抱きしめることは、その何倍も大事なことなんです



愛されているか?子供は 意識せずに確認します


愛されていると確信できたら
のびのびと 育つのです



「愛しているよ」と オオゲサでも 言葉で言ってあげることはとても大切です




少し離れることも 大切なことです


いや~しかし、疲れました^^




少し前に iroちゃんの運動会

当然、応援隊になります^^






c0152002_20490576.jpg




1年生代表で 始まりの言葉を言わせて頂き







c0152002_20493887.jpg


ダンスでは、当然 ノリノリで♪



彼女も 「子供という世界」で 頑張っているんです




お泊りの間、家ではケンカばかりらしいけど

皆がフォローしあい、いい兄弟になっていました





しかし、疲れた~^^



娘の笑顔が見れて 良かったです



[PR]
by chant-rose | 2018-10-09 21:03 | 日々のこと | Comments(0)

神戸市垂水区 アロマ&ハーブガーデン教室~chant rose~


by chant-rose
プロフィールを見る
画像一覧